ハイブリッド ワーク モデルの高度な VPN 機能でサイバーセキュリティを強化

ハイブリッド ワーク モデルへの移行は、過去 10 年間の職場環境における最も重要な変革の 1 つです。マイクロソフトによると、 雇用者の54% ハイブリッドな働き方に対応できるようオフィススペースを再設計しました。しかし、この移行には、特にサイバーセキュリティにおいて課題がないわけではありません。サイバー攻撃が顕著に増加しています。中小企業は脆弱であり、ほぼ半数がサイバーインシデントを経験しています。 

特に中小企業はサイバー攻撃の標的となることが多く、 43% が侵害を報告。この脆弱性は従業員によってさらに悪化することが多く、従業員はサイバーセキュリティにおいて最も弱い部分となる可能性があります。資格情報の悪用やフィッシング詐欺の餌食などの人的エラーが、セキュリティ侵害のかなりの割合を占めています。

高度な VPN 機能によるサイバーセキュリティ 900

さらに、サイバー脅威の巧妙化は進化し続けており、サイバー犯罪者は従来の不正行為制御を回避するために人工知能 (AI) をますます活用しています。あ レポート AI が詐欺師にとって好まれるツールになりつつあり、サイバーセキュリティにおける新たな戦場となっていると示唆しています。この変化は、現代のサイバー攻撃者の複雑な戦術に適応し、対抗できる堅牢な VPN 機能の必要性を強調しています。

これらのツールは機密データを保護し、厳格なアクセス制御を実施し、分散した従業員の接続を保護します。 

ハイブリッド ワーク モデル向けの VPN の高度な機能

高度な VPN 機能は、特に従業員がリモート作業とオンサイト作業を交互に行うハイブリッド ワーク モデルにおいて、サイバーセキュリティを強化するために不可欠です。ハイブリッド ワーク セットアップに必要な重要な高度な VPN 機能の一部を次に示します。

多要素認証(MFA)

MFA を使用して VPN セキュリティを強化するには、ユーザーはネットワークにアクセスする前に複数の形式の ID を提供する必要があります。これには通常、次のようないくつかの側面が含まれます。 

  • 彼らが知っているもの(パスワード)
  • 彼らが持っているもの(スマートフォンまたはセキュリティトークン)
  • それが何であるか (指紋や顔認識などの生体認証)

MFA により、追加の検証を提供しない限り、パスワードが侵害された後でも、権限のないユーザーがアクセスできないことが保証されます。

VPN を使用した MFA の実装は、生体認証、ハードウェア トークン、ソフトウェア ベースの認証システムなどの適応型認証方法をサポートするソリューションを通じて合理化できます。企業は、リモート従業員のコンプライアンスを促進するために、統合の容易さとユーザー エクスペリエンスを優先する必要があります。

緊急停止装置

このセキュリティ機能は、VPN 接続が失敗した場合にデバイスをインターネットから自動的に切断します。これにより、セキュリティで保護されていないネットワーク経由でのデータ漏洩が防止されます。これは、機密情報の機密性と完全性を維持するために不可欠です。

スプリットトンネリング

スプリット トンネリングは、必要なトラフィックのみ VPN を通過できるようにすることで、セキュリティを損なうことなくネットワーク パフォーマンスを最適化できます。高速道路に 2 車線があると想像してください。スプリット トンネリングを使用すると、どのトラフィックが VPN トンネル (1 つのレーン) を通過し、どのトラフィックが通常のインターネット (別のレーン) を通過するかを選択できます。 

この選択的なルーティングにより、帯域幅が向上し、遅延が短縮されます。これは、パブリック インターネット リソースと企業ネットワークへの同時アクセスを必要とする従業員にとっては恩恵となります。セキュリティ チームは、機密データが VPN の保護傘の下に残り、重要性の低いデータは VPN をバイパスできるようにする必要があります。このアプローチは、セキュリティを損なうことなくネットワーク全体のパフォーマンスを最適化するのに役立ちます。

ゼロ トラスト ネットワーク アクセス (ZTNA)

「決して信頼せず、常に検証する」に基づいたゼロ トラスト モデルは、ハイブリッド ワーク モデルに特に適しています。ゼロ トラストと VPN インフラストラクチャを統合するには、すべてのセッションとリクエストに対する継続的な認証と厳格なアクセス制御が必要になります。この統合により、ユーザーの行動、場所、デバイスのセキュリティ体制に基づいてアクセス権が動的に調整されるようになります。 

組み込みのゼロトラスト機能を提供する VPN プロバイダーは、接続の信頼性を継続的に評価することで、追加のセキュリティ層を提供します。

暗号化技術

暗号化は VPN セキュリティの基礎であり、機密データと潜在的なサイバー脅威との間の主な障壁として機能します。サイバー犯罪者がデータを傍受して解読するためのより高度な方法を開発するにつれて、VPN を支える暗号化テクノロジーも進化する必要があります。 

この分野における最近の進歩は、ネットワーク接続のパフォーマンスを損なうことなくデータを確実に保護するために非常に重要です。これは、生産性のためにシームレスなリソース アクセスが不可欠なハイブリッド ワーク モデルで必要です。

重要な進歩の 1 つは、 耐量子暗号。このテクノロジーは、従来の暗号化アルゴリズムを破る可能性のある量子コンピューターからの攻撃に耐えるように設計されています。 

量子コンピューターは、古典的なコンピューターでは達成できない速度で複雑な数学的問題の解決策を見つけることができます。量子コンピューティングが脅威となる可能性のある将来に備えて、耐量子暗号化方式が VPN に統合されています。

次のような高度な暗号化アルゴリズムの実装 AES-256 (256 ビット キーを使用した Advanced Encryption Standard) はさらに普及してきています。 AES-256 はその堅牢性と効率性で知られており、安全なデータ暗号化の業界標準となっています。 

キーのサイズと複雑さにより、ブルート フォース攻撃の影響をほとんど受けません。ハイブリッド ワーク モデルを採用している企業にとって、AES-256 暗号化を備えた VPN は、送信されるデータが安全かつプライベートに保たれることを意味します。

最適化されたアルゴリズムとより優れたハードウェア機能のおかげで、暗号化テクノロジのこれらの機能強化はネットワーク パフォーマンスに実質的な影響を与えません。これらの改善により、送信速度を低下させることなく、より複雑な計算を処理できるようになります。

大規模なリモート チームの VPN の管理

大規模なリモート ワーク環境では、VPN ソリューションを効果的に管理することが重要です。企業は、簡単な導入、シームレスなユーザー オンボーディング、効率的な管理をサポートするスケーラブルな VPN テクノロジーに焦点を当てる必要があります。 

一元管理プラットフォームにより、IT チームは VPN の使用状況を監視し、定期的なセキュリティ監査を実行し、企業のセキュリティ ポリシーへのコンプライアンスを確保できます。高度な分析ツールは、異常なアクセス パターンや潜在的なセキュリティ脅威を特定するのにも役立ち、タイムリーな介入が可能になります。

ハイブリッド作業のための VPN 機能の強化

VPN 機能の強化は、ハイブリッド ワーク モデル向けの安全で効率的で復元力のあるインフラストラクチャを構築するために不可欠です。高度な VPN 機能を統合することで、企業はデジタル資産を保護し、従業員のパフォーマンスを向上させます。 個人の安全

これらの高度な VPN 機能を優先することで、柔軟で生産性の高い作業環境がサポートされます。これにより、従業員は機密情報の完全性や機密性を危険にさらすことなく、どこからでも安全に作業できるようになります。 

サイバーセキュリティ体制の強化に取り組む組織にとって、高度な VPN 機能強化への投資は非常に重要です。これらの機能強化は、進化するサイバー脅威からの保護に役立ち、リモート チーム間の安全性と信頼の文化に貢献します。

今日からプライバシーを管理しましょう! Web サイトのブロックを解除し、ストリーミング プラットフォームにアクセスし、ISP の監視をバイパスします。

入手 FastestVPN
ニュースレターを購読する
今週のトレンド投稿と最新のお知らせを受け取る FastestVPN 私たちの電子メールニュースレターを介して。
アイコンを押します。

0 0
記事の評価

してもいいです また好き

ニュースレター登録
通知する
ゲスト
0 コメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る

一生に一度の取引を手に入れましょう $ 40!

  • 800 +サーバー
  • 10Gbpsの速度
  • ワイヤガード
  • ダブルVPN
  • 10 台のデバイス接続
  • 31日間の払い戻し
入手 FastestVPN