大学生向けの VPN

「安全、保護、自宅での学習」。 これらの言葉を普段より頻繁に耳にする今日、オンラインの世界でも保護が必要です。 同じことが教育機関にも適用される必要があります。 セキュリティのためのそのようなツールの中には、VPN サービスがあり、大学生にとってなぜ VPN サービスが必要なのか.

大学生向けの VPN

自宅で仕事をする必要がある状況のため、あなたとあなたのデータのセキュリティをより真剣に考えることが望ましいです. データを保護したい場合でも、匿名にしたい場合でも、仮想プライベート ネットワークを介して今日から行うことができます。

なんらかの理由でインターネットを閲覧しているときに、匿名を維持する必要がある場合があります。 ほとんどの検索エンジンはプライバシー機能を提供していますが、それでも私たちの期待をすべて満たすことはできません.

さらに、インターネット アクセスを使用するソーシャル ネットワークやその他のアプリケーションは、記録の追跡と共有に関しては完全に止められません。

大学生に VPN を使用することについて話すとき、合法性、使いやすさ、および一般的に大学にいる間に VPN に依存する必要性に関する一連の質問に答える必要があります. それでは、それがもたらすものと、教育機関が課す可能性のある障害や制限があるか見てみましょう.

VPN とは何ですか? 大学向けの VPN が必要ですか?

バーチャル プライベート ネットワークは、インターネット上で安全でセキュリティ保護された接続を作成し、機密記録の安全な転送を保証する暗号化テクノロジの一種です。 また、無許可の盗聴を防止し、大学や他の機関向けの VPN であるかどうかに関係なく、学生が個人データを漏らすことなく安全に仕事を遂行できるようにします。

VPN の使用は、匿名で Web を閲覧するための最良の方法の XNUMX つです。 IP アドレスを非表示にし、別の Web アドレスに動的に転送することで、パブリック ネットワークを介した接続を暗号化します。 たとえば、最近のほとんどの学生は大学で VPN を使用して、古い学期末レポートやその他の情報にアクセスしています。

より優れた設計のソリューションには、AES 256 ビット暗号化、キル スイッチ、NAT ファイアウォール、および OpenVPN、L2TP、IKEv2 などのサポート プロトコルも含まれています。 その結果、そのような VPN を使用する利点 特定の地域に固有のコンテンツにアクセスできます。 特定の国や地域の学生にとって、このサービスはかなり有望で有望に見えます。

時には、政府が宣言した政策を明らかに危険にさらす可能性のあるサイトへのアクセスを禁止することもあります。 多くの場合、そのような場合、学者は研究や研究論文にとって重要なリソースから遠ざけられます。

現在、大学生が使用する VPN は、一般的な IP アドレスのマスキングとサードパーティ アプリケーションのセットアップも提供できるため、好きな地域に合わせてカスタマイズできます。 そうすれば、サードパーティのアプリや Web サイトは、ユーザーの位置や Web のナビゲーション方法を特定できないため、ユーザーの動きを追跡できません。

大学での VPN の使用は合法ですか?

要するに - はい! VPN テクノロジーは合法であり、恐れることなく自由に使用できます。 著作権で保護されたコンテンツやその他の違法行為をダウンロードするために使用しない場合は、心配する必要はありません。

ただし、いくつかの例外と、それらが有効であるさまざまな理由があります。 中国などの国 またはイランには、政府が承認していない VPN の使用を禁止する厳格な検閲法があります。 承認された人は、検閲の規則に従い、Netflix、Twitter、Facebook などのサービスを禁止することが多いため、信頼できない方法を知っていることがよくあります。

ただし、他のほとんどの州では、これを犯罪とは見なしていません。 VPN サービスは、オンライン ビジネスの存在を保護するためにビジネスマンによって使用されることがよくあります。 病院や学校でさえ、これを使用して、患者や学習者がプライバシーを侵害することなくインターネットを使用できるようにしています。

教育における技術問題の専門家である Elijah Smaltz として、 papersowl.com 「VPN の使用が完全に合法である場合、悪用は合法ではありません。 したがって、VPN を悪用し、匿名でインターネットに接続して違法行為を行ったとしても、それは結果を被らないという意味ではありません。」

簡単に言えば、オンラインの制約が非常に厳しい地域にいる場合でも、VPN を使用して、そこでブロックされているページを開くことができます. VPN はトラフィックを暗号化し、ブラウザに履歴を残さないため、地方自治体はトラフィックをリンクできません.

その国で動作することが証明されている VPN を選択し、出発する前に (少なくとも XNUMX つのバックアップ オプションを使用して) ダウンロードするだけです。 携帯電話を含む複数のデバイスで動作します。

大学の VPN ユーザー

特定の組織または機関に属するサービスとしてのソフトウェア (SaaS) リソースを含む、リモートで学習または作業する必要性について話すとき、そのような作業が安全に実行される必要があります。ユーザーがアクセスする情報が侵害される可能性があります。

遠くから勉強したり仕事をしたりしている間は、通常、ホテル、レストラン、空港、またはその他の公共機関が所有する Wi-Fi を介してインターネットに接続します。 このような状況では、他の誰が同じワイヤレス インターネット AP を使用しているかを実質的に認識できないため、オンライン トラフィックを傍受して悪用される可能性があります。

この問題を扱う CERT 機関の推奨事項は、 VPNを使用する オフィスや自宅から離れていて、他人の Wi-Fi に接続しているときはいつでも。 これは、家族や友人と一緒にいる場合でも、彼らが絶滅の危機に瀕しているかどうかわからないためです。 検討中 FastestVPN 最大 10 個の接続があり、複数のデバイスと互換性があるため、ソリューションはこの問題に対処するのに役立ちます。

ユーザーが個人情報を必要とするサービスにアクセスする場合は特に重要です。 目に見えない舞台裏で多くのことが起こっていることに注意してください。コンピューター上の XNUMX つまたは複数のアプリケーションがバックグラウンドで認証を行っていて、すべてが危険にさらされているかどうかはわかりません。

このテクノロジーのもう XNUMX つの側面は、学生が教職員の建物から離れていて、安全なサーバーでホストされているリソースが必要な場合に VPN 接続を確立することです。 この場合、VPN は、どこからでも教職員のコンピュータに安全かつ簡単にアクセスできる方法を提供します。 この方法で接続されたクライアントは、あたかも学部で働いているかのように IP アドレスを持っているため、自動的に入場が許可されます。

通常、これはオンライン データベースや雑誌へのアプローチを指し、それ以外の場合は、認証されていない平均的なユーザーには禁止されています。 また、別のサービス プロバイダーを使用している教師にとっては重要であり、そのために学部のサーバーから除外される可能性があります。

まとめ

VPN は、主にハッカーからの保護から始めて、どこにいても世界中の有料サービスの使用を促進するために、さまざまな状況で適用できる非常に便利なソリューションです。

個人に加えて、VPN は主に企業、学校、政府、および政府機関によって使用されます。 この技術の大きな利点は、非常に使いやすいことです。 したがって、IT の知識は必要ありませんが、簡単なインターネット接続が必要です。その後、記録は暗号化されます。

今日からプライバシーを管理しましょう! Web サイトのブロックを解除し、ストリーミング プラットフォームにアクセスし、ISP の監視をバイパスします。

FastestVPN
ニュースレターを購読する
今週のトレンド投稿と最新のお知らせを受け取る FastestVPN 私たちの電子メールニュースレターを介して。

0 0
記事の評価

してもいいです また好き

ニュースレター登録
通知する
ゲスト
0 コメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る