旅行中のモバイルデバイスのサイバーセキュリティの確保

デジタル時代では、電子機器なしで旅行することはほとんど考えられません。 スマートフォン、ラップトップ、タブレット、その他のモバイル デバイスは、接続を維持し、情報にアクセスし、外出先でも作業できるようにする不可欠なツールです。

モバイルデバイスのサイバーセキュリティ

ただし、これらのデバイスはサイバー犯罪者にとって簡単に選ばれるため、多くの場合、便利な反面、相応の欠点やリスクも伴います。 外出中、デバイスは、トロイの木馬、フィッシング詐欺、ショルダー サーファー、ランサムウェア、スパイウェア、個人情報盗難などのサイバーセキュリティの脅威に対して非常に脆弱になります。

この記事では、旅行中にデバイスをサイバー脅威から保護し、データと個人情報の安全を確保する方法に関する包括的なガイドを提供します。

注: 旅行中のモバイル デバイスのサイバーセキュリティを確保するには、まず適切な VPN を使用します。 VPN を使用すると、データが暗号化され、地球の裏側にいる場合でも、地元の銀行、情報機関、その他のソースへの接続が維持されます。

FastestVPN これらすべてのメリットを手頃なコストで享受するには、これが最善の策です。 VPN には複数の高速 10 GBPS サーバーがあり、WireGuard サポート、AES 256 暗号化など、強力な VPN に必要な機能がすべて揃っています。 得る FastestVPN 本日は93%割引です。

最も一般的なサイバー脅威を理解する

個人情報とモバイルデバイスをサイバー脅威から保護するために実行できる手順を検討する前に、最も一般的なサイバー脅威とその仕組みを理解する必要があります。

ほとんどの人と同様に、モバイル デバイスはおそらく日常生活に不可欠な部分となっています。 利便性、接続性、その他多くの機能。 しかし、これらのデバイスが広く利用されているため、サイバー犯罪者にとって非常に魅力的な標的にもなっています。

スマートフォンやタブレットなどのモバイル デバイスへの依存度が急速に高まるにつれて、デバイスを標的とするサイバー脅威の蔓延も増加しています。 モバイル デバイスに対する最も一般的なサイバー脅威には、マルウェア攻撃、不正アクセスとデータ盗難、中間者攻撃、ランサムウェア、安全でない Bluetooth 接続、フィッシング攻撃などがあります。

マルウェア攻撃

悪意のあるソフトウェア (マルウェア) は、プライベート空間にいるか公共空間にいるかに関係なく、モバイル デバイスが遭遇する可能性のある最も一般的なサイバー脅威の XNUMX つです。 マルウェアは、通常、悪意のあるアプリ、電子メールの添付ファイル、悪意のあるコードに感染した Web サイトなど、さまざまな手段を通じてデバイスに侵入する可能性があります。

悪意のあるソフトウェアがデバイスに侵入すると、アクセス許可をバイパスしたり、個人情報を盗んだり、アクティビティを監視したり、デバイスを使用不能にしたりする可能性があります。

モバイル デバイスをマルウェアから保護する一般的な手段には、信頼できるソースからアプリをダウンロードすること、アプリとオペレーティング システムを定期的に更新すること、信頼できるウイルス対策ソフトウェアをインストールすることのみが含まれます。 FastestVPN には NAT ファイアウォールが組み込まれており、異常なトラフィック パターンをフィルタリングして接続に追加の保護を追加します。

フィッシング攻撃

フィッシング攻撃は、サイバー犯罪者がユーザーをだましてユーザー名、パスワード、クレジット カードの詳細などの機密情報を漏らすために使用する欺瞞的な試みです。 サイバー犯罪者は通常、電子メール、テキスト メッセージ、または詐欺的な Web サイトを使用して、信頼できる組織になりすまし、ユーザーを誘惑してデータを漏洩させます。

モバイル デバイスをフィッシング攻撃から保護する方法には、2 要素認証 (XNUMXFA) を有効にする、URL を徹底的に検査する、迷惑メッセージに注意するなどがあります。

Wi-Fi盗聴

Wi-Fi 盗聴は、セキュリティが確保されていない、または侵害された Wi-Fi ネットワークおよびルーターを介して送信されたデータをサイバー犯罪者が傍受するときに発生します。 攻撃者は次のような機密情報を取得する可能性があります。 login あなたの知らないうちに、資格情報や個人的なメッセージが送信される可能性があります。

Wi-Fi 盗聴者からモバイル デバイスを保護するには、仮想プライベート ネットワークまたは VPN を利用すること、公衆 Wi-Fi ネットワークを回避すること、不要なネットワークを忘れることなどが含まれます。

不正アクセスとデータ盗難

モバイル デバイスへの不正アクセスは、個人情報、写真、機密文書などのデータの盗難につながる可能性があります。 不正アクセスは、デバイスの盗難や不正アクセスの試みによって発生する可能性があります。

この脅威からモバイル デバイスを保護するには、PIN、生体認証、パターン ロックなどの強力な認証を設定し、データを定期的にバックアップし、リモート追跡とワイプを有効にする必要があります。

中間者攻撃

中間者攻撃 (MitM 攻撃) には、XNUMX 者間の通信が知らないうちに傍受されることが含まれます。 モバイル デバイスの場合、安全でないネットワークまたは侵害されたネットワークに接続すると、これが発生する可能性があり、サイバー犯罪者がデータを盗聴する可能性があります。

MitM 攻撃からモバイル デバイスを保護するには、安全な接続を利用し、公衆 Wi-Fi で特別な予防措置を講じ、デバイスを監視する必要があります。 そのため、常に使用することをお勧めします FastestVPN 公衆 Wi-Fi またはホットスポットに接続している場合。

ランサムウェア

ランサムウェアは、データを暗号化し、その解放のために身代金を要求するために使用されるマルウェアです。 デスクトップ コンピュータでより一般的ですが、モバイル デバイスでもこの脅威から安全ではありません。

モバイル デバイスをランサムウェアから保護するには、データをバックアップし、非公式ソースからのアプリケーションを回避し、デバイスとアプリを最新の状態に保つ必要があります。

安全でない Bluetooth 接続

Bluetooth テクノロジーはデバイス間のワイヤレス通信を可能にしますが、保護されていない場合、サイバー犯罪者にとって非常に悪用される可能性もあります。 攻撃者がデバイスに不正にアクセスしたり、Bluetooth 経由で送信されたデータを傍受したりする可能性があります。

安全でない Bluetooth 接続を防ぐ方法には、使用していないときに Bluetooth をオフにする、Bluetooth セキュリティ機能を利用する、デバイスのファームウェアを更新するなどがあります。

旅行中にサイバーセキュリティの脅威からモバイルデバイスを保護するためのヒント

モバイル デバイスが日常生活により深く組み込まれるようになるにつれ、デバイスとそこに含まれるデータを保護するための対策を講じるために、最も一般的なサイバー攻撃とセキュリティの脅威を理解することが不可欠です。

前述したように、これらの脅威は旅行するにつれて蔓延します。 モバイル デバイスを保護し、機密情報を保護するための最良の方法には、ソフトウェアとオペレーティング システムの更新、強力な認証の有効化、仮想プライベート ネットワークの使用などが含まれます。

アプリケーションとオペレーティング システムを確実に更新する

出発する前に、すべてのデバイスが最新のオペレーティング システムとソフトウェアのアップデートを実行していることを確認してください。 メーカーは、サイバー犯罪者が悪用する可能性のある脆弱性を修正するためにパッチや自動アップデートを頻繁にリリースしています。

デバイスを常に最新の状態に保つことで、既知のセキュリティ上の欠陥の被害に遭うリスクを最小限に抑えることができます。 アプリケーションは各アプリケーションストアからアップグレードでき、ファームウェアは設定から​​アップデートできます。

強力な認証を有効にする

モバイル デバイスを保護する最も簡単かつ効果的な方法の XNUMX つは、堅牢な認証方法を有効にすることです。 このアプローチには、複雑で固有のパスワード、PIN、または指紋や顔認識などの生体認証オプションの設定が必要になる場合があります。

さらに、可能な限り多要素認証または XNUMX 要素認証の使用を検討する必要があります。 XNUMX 要素認証は、アカウントにアクセスするために身元を確認する XNUMX 番目の方法を必要とすることで、追加の保護層として機能します。

こうすることで、サイバー犯罪者がパスワードの解読に成功したとしても、携帯電話で XNUMX 回目の認証を行わないとパスワードにアクセスできなくなります。 また、誰かがあなたのアカウントにアクセスしようとしていることを通知するため、警告システムとしても機能し、アカウントをロックしたりパスワードを変更したりできるようになります。

常に仮想プライベート ネットワークまたは VPN を使用する

仮想プライベート ネットワークは、旅行中のオンライン アクティビティを保護するための非常に貴重なツールです。 インターネット接続を暗号化して、ハッカーによるデータの傍受をより困難にします。

すべての VPN が同じレベルのセキュリティとプライバシーを提供するわけではないため、必ず信頼できる VPN サービスを選択してください。 旅行前に、すべてのデバイスに VPN をインストールして構成し、安全なインターネット アクセスを確保してください。

公衆Wi-Fiは要注意

一般的に、公衆 Wi-Fi は避けてください。 これらのネットワークは安全でないことが多く、サイバー脅威のホットスポットとなっています。 Wi-Fi に接続している他の人があなたのデバイスに侵入し、データを盗む可能性があります。

公衆 Wi-Fi を利用する以外に選択肢がない場合は、少なくとも可能な限りオープンなネットワークや安全でないネットワークへの接続を避ける必要があります。 強力なパスワードを使用してネットワークに接続し、VPN を使用してデータを暗号化するようにしてください。

また、接続する前に周囲に注意し、ネットワークの正当性を確認することも問題ありません。

Wi-Fi および Bluetooth の自動接続を無効にする

旅行中は、安全でないネットワークに自動的に接続される可能性があるため、デバイスの Wi-Fi および Bluetooth の自動接続を必ずオフにしてください。 ハッカーはこの機能を悪用して不正アクセスを取得する可能性があります。

Wi-Fi および Bluetooth の自動接続をオフにすると、デバイスが接続を確立するネットワークを制御し続けることができます。 信頼できるネットワークとデバイスには、必要な場合にのみ接続してください。

データを定期的にバックアップする

出発する前に、必ずすべての重要なデータを安全な場所にバックアップしてください。 バックアップ用の安全な場所の一般的な例には、クラウド ストレージや外付けハード ドライブなどがあります。

デバイスを保護するための最善の努力にもかかわらず、デバイスが危険にさらされたり、紛失したり、盗難に遭った場合でも、情報を簡単に回復できます。 定期的なバックアップにより、旅行中に重要なデータが失われることがなくなります。

パスワードと暗号化でデバイスを保護する

携帯電話、ラップトップ、タブレットなど、すべてのモバイル デバイスに強力なパスワードを実装します。 XNUMX 要素認証とは別に、デバイスに保存されているデータの追加の保護手段として、暗号化を有効にし、パスワード マネージャーを使用することも検討する必要があります。

デバイスが盗難または紛失した場合、これらのセキュリティ対策により、権限のない個人があなたの個人情報にアクセスすることが非常に困難になります。

セキュリティソフトを活用する

すべてのモバイル デバイスに信頼性の高いマルウェア対策ソフトウェアとウイルス対策ソフトウェアをインストールします。 すべてのソフトウェアが最新であることを確認し、定期的なスキャンをスケジュールしてください。 セキュリティ ソフトウェアは、デバイスに侵入した可能性のある脅威を特定して削除するのに役立ちます。これは、データ侵害に対する追加の保護層となります。

不要なサービスや機能を無効にする

旅行中に不要なデバイスの機能やサービスを無効にします。 これには、ファイル共有、リモート アクセス、サイバー犯罪者が悪用する可能性のあるその他の機能が含まれます。 デバイスの攻撃対象領域を減らすことで、セキュリティ侵害の可能性が減ります。

デバイスに注目してください

特に空港、カフェ、ホテルなどの公共の場所では、デバイスを決して放置しないでください。 旅行者にとって盗難は一般的なリスクであり、デバイスを紛失するとデータ セキュリティに重大な影響を与える可能性があります。 デバイスは常に手元に置くか、宿泊施設に安全に保管してください。

安全なブラウジング習慣を使用する

自宅にいるか外出中であるかに関係なく、インターネットを閲覧するときは常に注意を払う必要があります。 できる限り、信頼できない Web サイトへのアクセスを避け、疑わしいリンクをクリックしたり、未確認のソースからファイルをダウンロードしたりしないようにしてください。 理想的には、広告や悪意のあるコンテンツをブロックするブラウザ拡張機能を利用して、オンライン セキュリティを強化したいと考えています。

ソフトウェアとアプリを常に最新の状態に保つ

オペレーティング システムを更新することに加えて、デバイス上のソフトウェアとアプリを定期的に更新する必要があります。 古いソフトウェアには、ハッカーが悪用できるセキュリティ上の脆弱性が含まれている可能性があります。 アプリを自動的に更新するか、手動で更新を確認するようにデバイスを設定します。

ソーシャルエンジニアリングに注意してください

サイバー犯罪者は通常、ソーシャル エンジニアリング戦術を使用してデータにアクセスします。 個人情報や個人情報を要求する予期しない電子メールやメッセージを受け取った場合は注意してください。 login 資格。 機密データを共有する前に送信者の身元を確認し、一方的な連絡先に機密情報を決して開示しないでください。

問題を避けるために、電子メールの URL と送信者の電子メール アドレスを必ず再確認してください。 送信者の電子メール アドレスが公式サポートの電子メールと一致しない場合は、その電子メール ID をスパムに追加するか、報告してください。

メールを保護する

電子メールはサイバー攻撃の一般的な手段であるため、暗号化された電子メール サービスを使用し、添付ファイルをダウンロードしたり、不明なソースからのリンクをクリックしたりしないように注意する必要があります。 電子メール フィルタリングとスパム保護を利用して、フィッシング詐欺のリスクを最小限に抑えます。

ソーシャルメディアアカウントを保護する

旅行前にソーシャルメディアのプライバシー設定を確認して調整することをお勧めします。 これは、一般に公開される個人データの量を制限し、個人の投稿や写真へのアクセスを制限することを意味します。 サイバー犯罪者は、標的型攻撃のための情報を収集するためにソーシャル メディアを悪用することがよくあります。

金融取引を監視する

銀行口座とクレジットカードの明細を定期的に記録することは、旅行するときは常に標準的な手順である必要があります。 金融機関に旅行計画を通知することで、金融機関があなたの位置を把握し、異常な取引を迅速に検出できるようになります。

追加のセキュリティ機能を備えたモバイル バンキング アプリの使用を検討する必要があります。 たとえば、旅行中のオンライン取引で 2FA を有効にすることができます。

ハードウェアファイアウォールを搭載する

ハードウェア ファイアウォールは、暗号化とは別に、ネットワークにセキュリティ層を追加するポータブル デバイスです。 受信トラフィックと送信トラフィックをフィルタリングして、潜在的な脅威をブロックします。 すべての旅行者にとって必要なわけではありませんが、最大限の保護を求める人にとっては価値のある投資です。

安全なクラウドストレージを使用する

旅行中にファイルやドキュメントにアクセスする必要がある場合は、 安全なクラウドストレージサービス。 選択したサービスが堅牢な暗号化と強力なセキュリティ対策を採用していることを確認してください。 さらに、潜在的なセキュリティ リスクを最小限に抑えるために、機密性のない情報のみをクラウドに保存する必要があります。

自分を教育する

最新のサイバーセキュリティの脅威とベストプラクティスを常に最新の状態に保ってください。 自らを学び、警戒を続けることで、潜在的なリスクを認識し、効果的に対応することができます。 オンライン リソース、フォーラム、セキュリティ ニュース Web サイトは、始めるのに最適な場所です。 また、ニュースレターに参加して、同じ考えを持ち、セキュリティに熱心に取り組んでいる人々とつながりを保つこともできます。

結論: オフラインでもオンラインでも安全な旅行

電子デバイスへの依存が高まるにつれ、旅行中にサイバーセキュリティの脅威から電子デバイスを保護する必要性も高まります。 このガイドの手順に従うことで、サイバー犯罪の被害に遭うリスクを効果的に軽減できます。

サイバー脅威は常に進化するため、常に最新の情報を入手し、セキュリティ対策を適応させることが重要であることに注意することが重要です。 適切な予防措置を講じれば、データや個人情報を犠牲にすることなく、移動中でもテクノロジーのメリットを享受できます。

今日からプライバシーを管理しましょう! Web サイトのブロックを解除し、ストリーミング プラットフォームにアクセスし、ISP の監視をバイパスします。

以上 FastestVPN
ニュースレターを購読する
今週のトレンド投稿と最新のお知らせを受け取る FastestVPN 私たちの電子メールニュースレターを介して。
アイコンを押します。
0 0
記事の評価

してもいいです また好き

登録する
通知する
ゲスト
0 コメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る

一生に一度の取引を手に入れましょう $ 40!

  • 800 +サーバー
  • 10Gbpsの速度
  • ワイヤガード
  • ダブルVPN
  • 10 台のデバイス接続
  • 31日間の払い戻し
以上 FastestVPN