クラウド ストレージで VPN を使用する重要な理由

適切なオンライン セキュリティを実現するには、VPN をクラウド ストレージと統合して使用することが重要です。 最上位のクラウド ストレージ サービスは一般に安全ですが、VPN を採用すると、特に機密情報を扱う場合に追加のシールドを追加できます。

クラウドストレージを備えたVPN

現在のデジタル環境では、安全でない接続を介して仮想プライベート ネットワーク (VPN) を利用することが不可欠です。 パブリック Wi-Fi 経由でクラウド サービスにアクセスすると、ユーザーはデータ侵害のリスクにさらされます。これらのオープン ネットワークにはセキュリティが欠けており、保護されていないデータ (通常はパスワードや銀行口座の詳細など) を盗もうとするハッカーの標的になることが多いためです。

クラウド サービスにアクセスするときに VPN を使用すると、データが暗号化され、潜在的なハッカーがデータを読み取れなくなります。 彼らが遭遇するのは、意味のない文字と数字がごちゃ混ぜに混在していることです。 VPN を使用すると、どこからでもクラウド ストレージ サービスを安全に利用できるようになります。 クラウド ストレージ サービスで VPN を使用する利点は次のとおりです。

データの安全な送信

リモートワークの過程で、特定のファイルにアクセスする必要がある場合があります。 これには安全なインターネット接続が必要です。 レガシー CSPM と最新の CSPM このアプローチにより、プライベート サーバーを利用し、データを暗号化して漏洩の可能性を回避できます。

これらの機能のおかげで、個人ユーザーは多くの場合、それを次の目的で使用します。 安全なオンラインショッピング取引。 このようなタスクに通常使用される VPN の種類は、継続的な接続で知られるモバイル VPN です。 これらの VPN を使用して、地理的な場所ではアクセスできない製品やコンテンツにアクセスする人もいます。

匿名性とプライバシー

何らかの理由でクラウド ストレージ サービスを利用する場合、匿名性が必要ですか? あ VPN それを助けることができます。 これにより、クラウド ストレージ サービス プロバイダーが IP アドレスやその他の追跡可能な情報を通じてお客様を特定することができなくなります。

あなたの接続は完全にプライベートのままであり、誰もあなたを追跡したり特定したりすることはできません。 ほとんどの無料および有料 VPN は、システムからすべての識別可能な情報を消去すると主張しています。 セッションごとにデータベースからデータを消去する RAM のみのサーバーを使用するサーバーもあります。 したがって、政府機関があなたのデータを要求したとしても、提供できるものは何もありません。

使いやすさとアクセシビリティ

クラウド ストレージの最大の利点は、その使いやすさと幅広いアクセス性です。 クラウド データ ストレージ システムの大部分は、わかりやすいユーザー インターフェイスを提供します。 が提供するサービスを検討してください でログイン またはアップルの例です。 どちらもシンプルなインターフェイスを備えており、専門知識を必要とせずにファイルをオンライン ドライブにアップロードできます。

たとえば、モバイル デバイスを使用してファイルをドライブに保存した場合、コンピュータやその他のインターネット対応デバイスから同じファイルにアクセスできます。 あなたの所在地は関係ありません。 強力なインターネット接続がある限り、リモートのデータ センターに保存されているファイルにアクセスできます。

リモートアクセス

リモート アクセスにより、教育機関はネットワークやデータに誰がアクセスできるかを把握できます。 これは、特にインターネット アクセス規則が厳格な国で、出張する従業員に当てはまります。 このような地域における組織の VPN の機能により、ユーザーは引き続きインターネットを使用し、自分専用のリソースにアクセスできるようになります。

このような場合、機関は、個人またはアプリケーションが実際に主張どおりであることを確認するために必要な資格情報を評価することにより、ユーザーを認証および認可する必要があります。 確認が完了すると、当局はユーザー名または IP アドレスに関連付けられた適切なアクセス レベルと権限を付与できます。

個人がクラウド ストレージ サービスを利用する際には、VPN を利用することをお勧めします。 安全でないインターネット接続を介してクラウドにアクセスすると、データが脆弱になります。 あなたの IP はあなたのデータ、組織、または場所まで追跡される可能性があります。

VPN を使用すると匿名性が保たれ、クラウド ストレージに安全にアクセスできるようになります。 同様に、クラウド ストレージ プロバイダーは私たちの IP アドレスを知ることができません。 代わりに、VPN サーバーの IP アドレスを認識します。 そのため、セキュリティを危険にさらすことなく、匿名ですべてにアクセスできます。

今日からプライバシーを管理しましょう! Web サイトのブロックを解除し、ストリーミング プラットフォームにアクセスし、ISP の監視をバイパスします。

入手 FastestVPN
ニュースレターを購読する
今週のトレンド投稿と最新のお知らせを受け取る FastestVPN 私たちの電子メールニュースレターを介して。
アイコンを押します。
0 0
記事の評価

してもいいです また好き

ニュースレター登録
通知する
ゲスト
0 コメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る

一生に一度の取引を手に入れましょう $ 40!

  • 800 +サーバー
  • 10Gbpsの速度
  • ワイヤガード
  • ダブルVPN
  • 10 台のデバイス接続
  • 31日間の払い戻し
入手 FastestVPN